9月22日 八上スポーツフェスティバル開催

 第2回八上スポーツフェスティバルを開催しました。天候が心配されましたが、すべてのプログラムを実施することができました。

子どもたちは、体育学習で学んだことをもとに、しっかり考えながら楽しく笑顔で競技に集中する様子が見られました。

また交流種目等で、地域の多くの方とふれあい、握手をしたり楽しく話す様子がたくさん見られました。

4月11日 入園式

4月11日(木)、幼児12名が本園に入園しました。
入園式では最後までよく頑張りました。元気の良い返事もできました。はじめての園生活で少し不安もあるかと思いますが、これから友だちも増え、元気いっぱい活動してくれることと思います。

4月9日 入学式

平成31年度入学式を行いました。保護者・地域の方々に見守られてピカピカの1年生16名が本校に入学しました。担任の呼名に対して、大きな声で「はい」と気持ちのよい返事ができました。その後在校生が、「歓迎の言葉」を述べ、「校舎のうた」を美しい声で歌い新入生を歓迎しました。

1月25日 道徳科研究発表会

道徳科研究発表会(県教委・市教委指定)を実施しました。研究テーマは「対話を通して自己を見つめる授業の創造」です。今年度から教科化となった道徳では、価値の押しつけでなく児童一人ひとりが考え議論することが大切と言われています。八上小学校でも、対話を通じて多面的・多角的に思考を深める児童の姿について研究してきました。公開授業では、1年生、3年生、6年生が教材を通じて感じたことや考えたことをすすんで発表する姿が見られました。全体会では、講師の方から子どもたちの対話する姿を評価していただくとともに、未来を切り拓いていく子どもたちに培うべき資質・能力について助言をしていただきました。今後においても、児童自らが、多様な価値観の存在を認識しつつ、自ら感じ、考え、他者と対話し協働しながらよりよい方向を目指す能力の育成に向けて取組をすすめたいと思います。

学習発表会を開催しました

11月17日(土)学習発表会を開催しました。日々の学習で学んだことを様々な形で表現しました。それぞれの学年が、「どのように表現すれば観ている人にわかりやすく伝わるだろう」と表現方法を工夫する姿が見られました。「声の大きさ」「話す口調」「場面に応じた動き」「舞台の使い方」など一人一人がよく考えながら発表することができました。学習は相手意識を持って説明、表現することでより確実な知識となると言われています。日々の学習でも見たり聞いたりして理解するだけでなく、これまでの知識を用いて思考したり表現したりする活動を通じて確実な理解につないでいます。学習発表会の中でも、このような日々の学習の成果がいろいろな場面で見られました。特に一人一人の持ち味がよく発揮され、観ている人に感動を与えるものになりました。

第1回八上スポーツフェスティバルを実施しました

9月23日、学校と地域の合同運動会「八上スポーツフェスティバル」を実施しました。

新たな運動会のなかで、子どもたちが多くの方と話をしながら一緒に競技を楽しみました。競技をはじめ一日の活動を通じて、地域の多くの方に見守られていることを実感しました。