【5年】When is your birthday?

When is your birthday?

My birthday is ~.

 

 

 

 

 

 

What do you want  for your birthday?

I want a ~.

 

 

 

 

 

 

英語を使って、お互いの誕生日や誕生日に欲しい物を尋ね合っています。

 

 

 

 

 

 

制限時間以内に、できるだけ多くの友だちとの会話を通して英語表現に慣れ、実際のコミュニケーションにおいて活用できる基礎的な技能を身に付けていきたいと思います。

 

【5年】タブレットを使って②

学活の時間に、5年生の親子活動で何をするか話し合いました。

 

 

 

 

 

 

ジャムボードというアプリを使って、各班で意見を出し合っています。

 

 

 

 

 

 

学級代表は司会を行いながら、各班から出た意見をジャムボード上でまとめています。

 

 

 

 

 

 

最後に、みんなで何をどこで何分行うか決定しました。今後は、各担当に分かれて準備を行っていきたいと思います。

【5年】けテぶれに加えて

社会科では、けてぶれを使ってテストに向けた学習をしています。

 ①計画  目標点を点取るために、3回連続全問正解できるまで練習する。

 ②テスト 問題とグラフや文章を読み取って、答えをノートに書く。

 ③分せき 自分で答え合わせをする。 

 ④練習  間違った問題だけ、できるようになるまで答えを書く。

漢字の学習に使っているけテぶれを応用しながら集中して、黙々と学習することができています。

 

 

 

 

 

 

さらに、けテぶれに加えて、

⑤熟練  3回連続、全問正解するまでテストをする。

を導入しました。

 

 

 

 

 

 

目標点を取るためには、徹底した練習が必要です。それを5年生の中では「熟練」と呼ぶことにしました。全て行うと「けテぶれじ」達成です。

算数科や体育科などの学習でも「けテぶれじ」を行い、自ら学ぶ力を高めていきたいと思います。

【5年】タブレットを使って

国語科「漢字の成り立ち」の学習では、ノートの代わりにスライドを使い象形文字や、指事文字、会意文字、形成文字についてまとめています。

 

 

 

 

 

 

スライド作りも慣れ、画像やアニメーションの使い方も身についてきました。

 

 

 

 

 

 

文字の見分け方について調べて、スライド作りに活かすこともできています。

 

 

 

 

 

 

タイピング技能をさらに向上させ、スライド作りのスピードアップも目指していきたいと思います。

【5年】漢字テストで目標点をとる方法

今日は、漢字テストで目標点をとるために何をするべきか話し合いました。

結論、目標点を達成している人は、2つのことを共通しています。

1 けテぶれを軸に自分に合った練習をノートに行う。

2 先生やお家の人、友だちからチェックを受ける。

さらに、寝る前に5分間見直しをする。朝にもう一度確認する。家で問題を出してもらい対策をする。などの方法も出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノートでの練習は、間違えた漢字を分析し、間違えなくなるまで練習しましょう。さらに、色んな人に見てもらいチェックを受けましょう。

そうすれば、目標点を達成できるはずです。明日以降、期待しています。

【5年】要旨をまとめる

国語科の学習では、『動物たちが教えてくれる海の中のくらし』という文の要旨をまとめています。

まず、要旨とは何か。次に、要旨を考えまとめています。

全てノートやプリントではなく、スライドに文字や画像を盛り込んでまとめています。画像が入ると文字だけのときよりも印象的で記憶に残りやすいのではないかと考えています。

また、スライドをまとめていると話し合いが生まれ自然と共同的な学びができることにも良さを感じています。

要旨のまとめが完成したら、みんなでスライドを見合いましょう。

 

 

【5年】自分の体力

新体力テストに向けて、立ち幅跳びや反復横跳びなどの練習をしてきました。

4年生の自分の記録を更新するために、運動の特性に合った練習や準備をしています。練習をするなかで、ちょっとしたコツとつかむと記録が伸びることが分かりました。

本番、自己ベストが出るといいですね。

 

【5年】どのように読むか

国語の時間では、問題をタブレット上に表示してプリントに答え等を書き込んでいます。つまり、デジタルとアナログの併用です。

黒板ではなく、机上に問題が表示されることによって全員が問題を見やすく、じっくりと解答する時間が長くなりました。

また、子どもたちの様子を見ていると集中力も格段に向上していると感じています。

今後も、子どもたちと話し合いタブレットを使った新しい授業を創造していきたいと思います。

【5年】目的を持って

算数の学習では、授業の最後にタブレットを使って小テストを行っています。

教科書の問題を解くだけでなく、計算ドリルやオンライン上で行う学習もすべて、毎日の小テストで自分が納得がいく点数を取るために、自分で考えて学んでいます。

自分の目的を果たしたり、結果を出したりするためには、それらに向けた準備が必要です。

苦手なことほど早く始めましょう。そして、自分の結果を自分の手でより良くしていきましょう。

【5年】沖縄県のくらしの特色

沖縄県について調べて分かったことをスライドにまとめ、プレゼンテーションを行いました。

沖縄の観光地や食べ物、花、建物などそれぞれの興味関心に沿って調べたことを発表した結果、子どもたち自身の中に前向きな感想が出てきました。

「自分の知らないことを友だちから聞けて楽しかった。」

「初めてスライドを使って発表したけれど上手くできて良かった。」

「次の地域も早くしたい。」

「次の北海道も休みのうちに自学で調べてこよう。」

一人ひとりの主体的に学ぶ姿勢が成長していると感じ、大変うれしく感じています。

次は、寒い地域である北海道編です。次の発表も楽しみにしています。