不審者対応避難訓練

6月16日水曜日に「不審者対応避難訓練」を行いました。子どもたちはその事前学習として,不審者が学校に来た場合を想定し,身の守り方や避難の仕方を学習しました。避難訓練の際,子どもたちは事前学習の内容がよくわかり,落ち着てい避難することができました。また職員は子どもたちを迅速かつ安全に誘導し,組織的な対応ができるように取り組みました。

不審者対応避難訓練

外そうじ

先日,清掃の時間に外そうじをおこないました。この活動は環境委員会が中心となって企画・運営し,縦割り班ごとに分かれて運動場の草引きや石拾いしました。各班の6年生が中心となりみんなで協力して活動する様子が伺えました。

丹波篠山市の おいしいティーお茶を 食べチャう週間

丹波篠山市は,兵庫県内一のお茶どころです。今年も茶摘みが始まり,新茶の季節を迎えています。今週は「丹波篠山茶週間」として,丹波篠山市でとれたお茶をつかったメニューを毎日一品ずつ取り入れていただきました。この日のメニューは「お茶パン,牛乳,プレーンオムレツ,ドレッシングサラダ,ポテトスープ,丹波大納言小豆あん」でした。

暑くなってきました

今週は気温が高く,南校舎2階はお昼ごろになると室温が30度に迫るほどで,扇風機やエアコンをつけて対応しています。また子どもたちにはこまめな水分補給などを励行し,熱中症を予防に努めています。暑い中マスクをつけて生活していますので,これまで以上に安全に留意しながら教育活動をおこなっていきます。

全校朝会

6月7日の全校朝会では,Google社の「meet」というアプリケーションソフトを使いリモートで行いました。校長講話では,「無敵」の人についての話がありました。アニメの中でよく無敵と言われるキャラクターが登場し,その強さや優しさで仲間や友達,町の人々を助けます。しかし自分たちのまわりにも,「決して人の悪口を言わない」「人が喜ぶ言葉をつかう」など,そんな強さや優しさで仲間や友達を幸せにしてくれる人がいます。一人一人が無敵の強さや優しさで,多くの人を幸せにしてほしいと思います。

こどもほうじ茶

6月から9月の期間,児童の熱中症対策及びコロナ感染症対応の一環として,水筒のお茶がなくなった児童に対し給茶を行います。この取組は丹波篠山茶活用事業として,丹波篠山茶生産組合協力のもと篠山市内の小学校で実施しています。今日は暑かったこともあり,給茶した子どもたちは「おいしい~」と言いながら喉を潤していました。

6月のスタート

朝日が眩しく輝き,木造校舎を照らしています。今日から6月が始まりました。今年の近畿地方の梅雨入りは,統計史上最も早かったそうです。また梅雨明けも例年より早く訪れることが予想されています。6月の生活目標は,「安全なくらしを考えよう」です。この時期運動場が使えず,校舎内で過ごすことが多くなります。子どもたちに校舎内での過ごし方を考えさせ,安全に生活できるように取り組んでいきます。

6月校舎

歯科健康診断

5月27日金曜日に歯科健康診断を行いました。歯科健康診断は,「歯の成長の状況を把握することや,潜在する疾病を早期に発見して適切な処置を講ずること」などを目的としています。子どもの歯は,幼稚園生・小学生の間に生え変わり時期を迎えます。生涯を通し健康な歯が残していけるように,歯磨きの励行やブラッシング指導なども行っていきたいと思います。

高城会議

5月24日(月)の児童集会で高城会議を行いました。「手洗いをきちんと行うにはどうしたらいいか」というテーマについてです。高城会議を迎えるにあたり、先週、1年生から6年生がそれぞれの学年で話し合いの時間をもちました。各学年の代表が、話し合って決めたことについてパソコンを使って発表し、テレビ中継をしました。初めての試みです。発表者は、テレビ中継ということで緊張した様子でしたが、どの学年の子も代表者としてしっかりと発表していました。発表の様子をテレビで視聴していた子どもたちも、集中していました。会議が終わった後、拍手をしていた子もいました。それぞれの学年が手洗いについて真剣に考え、意見を出し合いました。

朝の読み聞かせ

5月20日木曜日に図書ボランティアの方々にお世話になり,「朝の読み聞かせ」を行いました。各学年の発達段階に応じた絵本や物語などを読み聞かせいただき,子どもたちは楽しい時間を過ごすことができました。