和楽器体験

25日(水)、3人の講師に来ていただき、和楽器体験をしました。まず、『箏』『尺八』『三味線』について、楽器の特徴や演奏方法などについて教えていただきました。また、講師の先生方による演奏『ふるさと』『春の海』を聴きました。柔らかく優しい音色で、日ごろは邦楽に触れる機会の少ない私たちにとっては、お正月を思い出す音楽でした。最後に箏と三味線の体験をさせていただきました。

和楽器の生演奏を初めて聴いた児童、和楽器の体験を初めてさせてもらった児童が多い中、とても貴重な体験をすることができました。

【1年】児童机・椅子づくり

11月21日土曜日に1年生の子どもたちが,お家の人と一緒に児童机と椅子を組み立てました。丹波篠山市の小学校では,丹波篠山産のヒノキを材料とした机と椅子を使用します。新調した机や椅子から教室いっぱいにヒノキの香りが広がっています。組み立てた机と椅子を目の前にした子どもたちは,とても嬉しそうな様子でした。

学習発表会

11月21日土曜日に学習発表会を開催しました。子どもたちは,生活科や総合的な学習の時間に学んだことを発表しました。本番に向けて約2週間,グループで話し合って台本を作ったり台詞を覚えたりと,頑張って練習に励んできました。これまでの練習の成果を発揮し,よい学習発表会となりました。

【3年】学習発表会を終えて

学習発表会、素晴らしい発表でした。拍手。

今まで総合的な学習の時間に収集した情報をもとに、自分たちの力で台本や場面のつなぎ方などを練り上げる、必要な道具や服装も作るなど、試行錯誤を繰り返した2週間でした。

今日は、上手くいったこと、上手くいかなかったことがあったようです。しかし、それは今後の生活に必ず活きてきます。

「けテぶれ」を使えば、学習発表会に向けた練習ができること、自分で自分の課題を分析して修正出来ること、本番で発表そのものを楽しめること・・・。

たくさんの学びが、この2週間に凝縮されているように思います。

5時間目は、振り返りを書き今までの学びを残すことなくアウトプットしました。

 

 

【3年】学習発表会リハーサル・モチモチの木

学習発表会前日、今日はリハーサルを行いました。

舞台発表後、最後の分析。数週間で、みるみる成長した姿に頼もしさを感じています。今まで、自分たちの力で練り上げてきました。明日は、楽しみましょう

国語科では「モチモチの木」というお話の学習をしています。今日は、辞書を使って意味調べをしました。今までたくさんの言葉の意味を調べてきたので、調べるスピードが上がってきました。

 

【幼小連携】 やきいもパーティー

先日,幼稚園・1年生の子どもたちが,自分たちが育てたサツマイモを使って「やきいもパーティー」を行いました。その中で,幼稚園の子どもたちが作った「お化け屋敷」を体験したり,「パプリカ」のダンスをいっしょに踊ったりしました。子どもたちの笑顔がたくさん見られ,思い出に残る1日になったようです。

【3年】聞くことに集中

今日の国語科の様子です。

今日は、「モチモチの木」というお話を音声資料で聞きました。

14分という長い時間、集中して聞くためには「他のページが気になる」「コンパス触りたい」などいった雑念に勝たなければなりません。

集中が切れることがあっても、切れていることに自分で気づき、自分で集中し直すことが大切です。

これを日常化すると脳の「前頭前野」が発達し、その働きが活発化します。

「前頭前野」は、集中力、記憶力、論理的思考力、行動・感情のコントロール、コミュニケーション力、客観視力、やる気などを司る、人を人たらしめる大変重要な部分です。

マインドフルネスを実践すればこの部分を鍛えることができ、結果「今この瞬間を生きる」ことができるようになります。

 

【3年】お店に行ったつもり the day

社会科の時間に、「お店に入ったつもり the day」と題して、お店と買い物に関する体験学習を行いました。

お寿司屋さん、パン屋さんなど6つのお店を作り、商品の完売を目指して仕入れや商品づくりを進めてきました。

今日は、そのお店にそれぞれが出向いて買い物をしたり、商品を売ったりしました。また、エコバックを持ち歩き環境に対した配慮もしています。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、お楽しみ券を使ってくじびきやボーリングも楽しみました。

「ライバル店より早く完売して嬉しかった」「とても楽しかった」という感想が聞かれ、楽しくお店と買い物に関する学習が出来ました。